2012年01月30日

情報誌きたかる 第2号完成!

kitakaru02.jpg

 平成22年4月に発行された無料情報誌『きたかる』
 その第2号が完成し、納品されました。
 創刊号は群馬大学情報学部の企画・編集・製作でしたが、第2号は「北軽井沢じねんびと」によって企画から発行までおこなわれました。
 目次は、


  • すべてはここから始まった浅間牧場秘話
  • 北軽井沢の街を興した草津軽便鉄道(草軽電気鉄道)
  • 「邑」・「村」避暑地開発の歴史ものがたり
  • 浅間の焼原を県内有数の農・酪農地帯に開墾
  • 五感を澄ませて楽しもう北軽井沢散策マップ
  • 火の山「浅間」大地の恵みに生きる
  • 北軽井沢が燃えた2輪耐久「浅間火山」レース
  • 山の音楽堂「北軽井沢ミュージックホール」
  • 北軽井沢で考える「農」「食」「住」の未来
  • 春夏秋冬の北軽井沢 アクセス&周辺マップ


 と、なっており、北軽井沢の地理や歴史がつかみやすい内容になっています。
 平成24年1月29日(日)、情報誌配布についての話しあいが開かれ、北軽井沢の各所に情報誌が置かれることが決まりました。また毎戸配布も実施されます。長野原町にお住まいの方にはこの情報誌がまもなく届くことと思います。
 ホームページ「じねんびと」には、近日、PDFデータで全ページを掲載する予定です。
posted by サトウ at 15:30| Comment(0) | ニュース

2011年08月01日

森の中での雅楽−神楽舞

IMG.jpg
 今週の土曜日(8月6日)、北軽井沢人間牧場で「森の中での雅楽そして神楽舞」というイベントが開かれます。時間は午後1時から2時までで、入場は無料、雨天決行です。
 今回のイベントは善光寺平一帯の氏神として知られている湯福神社で活動をしている「長野雅楽会」が行うものです。雅楽は日本古来の伝統芸能ですが、継承団体が少なく、なかなか触れることができません。神楽舞というのは、本来は自然の中で舞うものだそうです。主催者の人間牧場の山村さんは「この機会にみやびな演奏と舞を、さわやかな北軽井沢の森の中でご堪能ください」と呼びかけています。豚の丸焼きやソフトクリームもあるとか‥‥。
 お問い合わせは、北軽井沢 人間牧場 (長野原町北軽井沢1990−807)山村さんまで。
posted by サトウ at 20:56| Comment(16) | ニュース

2011年06月15日

「朗読と癒しのオルガンサウンド」のイベントが開催されます

 今週の土曜日(6月18日)に、北軽井沢ミュージックホールで「夢のコラボ 朗読と癒しのオルガンサウンド」が開催されます。朗読は、このブログでも以前に紹介したことのある軽井沢朗読館館長、青木裕子さん(元NHKアナウンサー・朗読家)。今回は宮沢賢治の作品から「セロ弾きのゴーシュ」と「注文の多い料理店」の2作を朗読する予定です。
 一方、オルガンサウンドは、パイプオルガニストとして教会等での演奏活動などをしているクラシックオルガニストの小松真由美さん。「トッカータ」(トッカータとフーガニ短調より)や「主よ、人の望みの喜びよ」などの作品を演奏する予定です。開場は14時30分、開演は15時の予定で、入場料は2,000円。申し込み方法は事前に主催者の公益財団法人ローランド芸術文化振興財団(電話:053ー523−0352)へ予約状況を確認し、FAXで申し込みます。詳しくは、主催者問い合わせ電話番号へどうぞ。
IMG.jpg
posted by サトウ at 22:37| Comment(1) | ニュース