2011年04月14日

詩人・童話作家 北軽井沢を愛した岸田衿子さんを悼む 

 詩人で童話作家、北軽井沢を「魂の故郷」と愛し続けた岸田衿子(きしだ・えりこ)さんが、今月7日に神奈川県小田原市内の病院で亡くなられました。82歳、ご冥福をお祈りいたします。
 岸田衿子さんは、1929年劇作家(故)岸田國士さんの長女として東京に生まれました。妹は女優(故)岸田今日子さん。東京芸大油絵科を卒業し、画家を志しましたが胸部疾患の療養を機に、詩や散文を書きはじめ、1955年に詩集「忘れた秋」を発表し、その後詩誌『櫂』に加わり本格的な詩作をはじめました。また、詩作とともに20代から絵本、童話などを次々と発表、代表作には親友の画家、中谷千代子さんと組んだ「かばくん」「ジオジオのかんむり」などがあります。作詞家としても、テレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」の「おしえて」「まっててごらん」、「赤毛のアン」の「きこえるかしら」「さめない夢」、「フランダースの犬」の「よあけのみち」「どこまでもなどのあるこうね」などの作品を残されています。詩人の谷川俊太郎さん、(故)田村隆一さんは元夫です。
 岸田衿子さんは「私などは母親のお腹にいた時から、ここの空気を吸って(?)いたらしい。あれからもう半世紀に近く、長い呼吸器の病気もここでなおした。二人の子の親になった今でも、私はまだ夏休みが待ち遠しい。」〈「大学村便り」第2号より転載・1978年7月15日発行〉というほど、北軽井沢を愛し続けてくれました。ご冥福を心からお祈りいたします。
岸田衿子_0001.jpg
岸田衿子_0003.jpg
岸田衿子_0002.jpg
posted by サトウ at 14:34| Comment(30) | 編集日記

2011年02月08日

ぐんまの物語弁当コンテスト試食会

『ぐんまの物語弁当コンテスト』への参加を呼びかけた北軽井沢コンソーシアム協議会の出品作の試食会が、昨日(7日)午後2時から、北軽井沢区事務所で開かれました。
 このコンテストは、県とJR東日本、JAグループ群馬などの実行委員会が主催で、物語性のある弁当のアイデアを募集するもの。地域活性化の一助になればと、コンソーシアム協議会で出品者を募ったものです。この呼びかけに応えて、4組の団体・個人が参加してくれました。
 高橋芳美さんの弁当は『浅間山弁当』。鳥・卵のそぼろや野菜など地元の食材を使い、浅間山を描いたものです。弁当試食 013.jpg
 堀江知子さんは『アサマウンテン弁当』を出品、地元産の食材を生かしたおにぎりのお弁当で、個性的な浅間山をイメージしました。弁当試食 012.jpg
『MUSiK(ムジーク)』(代表:内田外茂代さん5人)は『ハイジのポケット弁当』。北軽井沢を愛する詩人、岸田衿子さんにちなみ、高原でハイジとピクニックをテーマに、ローストビーフや蒸し鳥などの具材を手作りパンにはさみこんだもので、バスケットにもこだわりました。弁当試食 016.jpg
『北軽井沢NSP』(代表:五十嵐尚子さん3人)の出品は『まぼろしの北軽井沢駅弁』で、4つの色のおにぎりは北軽井沢の四季を現し、枕木をイメージしたきんぴらや車輪をかたどったこんにゃくなどが添えられたものです。
弁当試食 004.jpg
 このコンテストは、今月15日まで作品を募集し、写真・イラストやレシピなどによる一次の書類審査が行われます。以下、詳細はホームページで。
 
posted by サトウ at 11:36| Comment(0) | 編集日記

2011年02月06日

第11回浅間高原雪合戦3

 2月5日、6日と北軽井沢グラウンドで行われた、第11回浅間高原雪合戦は無事終了しました。6日の一般の部は、長野県佐久市から参加した『パン工房こなゆき』が優勝しました。準優勝は同じく長野県長野市からの出場チーム『モリモリモリ男』、3位に長野原町の『スパルタ8』が入りました。惜しくも4位入賞は、前橋市の『TYPE-D』でした。激戦を終えた各チームは、最後の表彰式にのぞみ、各賞を受け取り、健闘を讃え合いました。優勝した『パン工房こなゆき』には、優勝賞品とともに、昭和新山国際雪合戦への出場権が与えられました。ちなみに、昭和新山国際雪合戦は2月26日(土)・2月27日(日)に、北海道壮瞥町で行われます。
雪合戦3 014.jpg雪合戦3 020.jpg
雪合戦3 037.jpg
posted by サトウ at 19:55| Comment(1) | 編集日記